2019年9月25日水曜日

遅まきながら Android の permission コードの実装をした。

 レガシーシステムの保守もあるので、なかなかAndroidの新しいpermissionの方法に移行できないでいました。
とあるアプリが、きっかけで、ようやく permission コードを実装する機会を得ました。

参考にしたのは、実行時のパーミッション リクエスト(Runtime Permission) 色々まとめ

たくさん権限が必要な場合、煩わしいので、こんなコードにしました。
import android.Manifest;
import android.content.pm.PackageManager;
import android.support.v4.app.ActivityCompat;
import android.support.v4.content.ContextCompat;
import android.support.v7.app.AppCompatActivity;
import android.content.Intent;
import android.os.Bundle;
import android.view.View;
import android.widget.LinearLayout;
import android.widget.TextView;
import android.widget.Toast;

import java.util.ArrayList;

public class FooActivity extends AppCompatActivity {

    public static final int REQUEST_CODE = 1001;
    private static final String [] needPermissions = new String[] {
            Manifest.permission.READ_PHONE_STATE,
            Manifest.permission.WRITE_EXTERNAL_STORAGE,
            Manifest.permission.ACCESS_FINE_LOCATION,
            Manifest.permission.CAMERA,
            Manifest.permission.INTERNET
    };

    /*!
      @brief 許可の得られていない権限を取得する
     */
    ArrayList getNeededPermissions() {
        ArrayList<String> result = new ArrayList<String>();
        for( String s: needPermissions ) {
            if (ContextCompat.checkSelfPermission(this, s) != PackageManager.PERMISSION_GRANTED) {
                result.add(s);
            }
        }
        return result;
    }

    @Override
    protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_foo);
        ArrayList<String> permissions = getNeededPermissions();
        if( permissions.size() > 0) {
            // パーミッションの許可をリクエスト
            ActivityCompat.requestPermissions(this, permissions.toArray(new String[permissions.size()]), REQUEST_CODE);
        } else {
            // 許可が必要なコード
            processAny();
        }
    }

    // requestPermissionsのコールバック
    @Override
    public void onRequestPermissionsResult(int requestCode, String permissions[], int[] grantResults) {
        switch (requestCode) {
            case REQUEST_CODE:
                ArrayList<String> needed = getNeededPermissions();
                if( needed.size() > 0 ) {
                    // 必要な権限の許可が足りない
                    Toast.makeText(this, "本アプリを実行するための権限の許可が取れませんでした", Toast.LENGTH_LONG).show();
                    finish();
                } else {
                    // 必要な権限の許可がされた
                    processAny();
                }
                break;
            default:
                break;
        }
    }

    private void processAny() {
      // ...
    }
    
    // ...

}

2019年9月19日木曜日

boost::posix_time::ptime 無効かどうかチェックする is_not_a_date

日付に有効な値がセットされているかどうか、チェックする。
#include <boost/date_time/posix_time/posix_time.hpp>
#include <iostream>

int main() {
  boost::posix_time::ptime pt;
  
  if( !pt.date().is_not_a_date() ) {
    std::cout << "TRUE" << std::endl;
  } else {
    std::cout << "FALSE" << std::endl;
  }
  std::cout << pt << std::endl;
  
  return 0;
}

2019年9月9日月曜日

Chromeがコネクション・タイムアウトする

Chrome が CONNECTION TIMEOUT で、ウェブに繋がらない現象が頻発する。
原因を探っていくと、"Cryptography Services" というサービスが、何かの拍子に悪さをするようだ。このサービスを再起動させれば、CONNECTION TIMEOUT が解消されるというので、やってみたら、解消された。

 CONNECTION TIMEOUT する毎にサービスの画面を出して、"Cryptography Services"を再起動させていたのだが、この現象が頻発するのでタスクスケジューラで自動実行させるようにした。


まずは、restart_crypto.bat を作成します。
net stop "Cryptographic Services"
net start "Cryptographic Services"
次に、restart_crypto.vbs を作成します。
set wsObject = CreateObject("Wscript.Shell")
wsObject.run "cmd /c restart_crypt.bat", vhide
そして、タスクスケジューラに登録します。
ブラウジングは、ログオンしている時なので、ログオン時、かつ、サービスを再起動させるので管理者権限が必要です。
ログオン時から、10分毎に実行させます。
wscript.exe から、restart_crypto.vbs を実行させます。

これで、だいぶ楽になりました。