2017年8月2日水曜日

Remote Desktop と Default Printer をめぐるバグ

世相を反映して、近年 Remote Desktop でアプリケーションを動作させる機会が増えました。
Remote Desktop App として、アプリケーションを実行すると、印刷ダイアログにて、デフォルトプリンタが取得できない。他のアプリでは出来ているから直せと言われたのが発端でした。

 デフォルトプリンタの取得について調べてみました。自分のアプリケーションでは WTL(Windows Template Library)を利用しています。デフォルトプリンタの取得には、GetProfileString という関数が使用されていました。

 このGetProfileStringを使ってデフォルトプリンタを取得する方法、一昔前においてはデファクトスタンダードでしたが、現在では GetDefaultPrinter というWindows API が提供されており非推奨です。特に Remote Desktop 環境で GetProfileString を使用すると正しくデフォルトプリンタを取得できません。

 デフォルトプリンタの取得方法には、EnumPrinters という Windows API を利用する方法がありました。この記事を書いた時点では、MSDN日本語訳 と MSDN英語 のドキュメントにも相違があり混沌としています。新しいドキュメントからは PRINTER_ENUM_DEFAULT というフラグの記述が消えており、GetDefaultPrinter API を使用しろとあります。

 以上から、WTL の OpenDefaultPrinter 関数を GetDefaultPrinter API を使って書き直しました。

 しかし、Remote Desktop App として、アプリケーションを実行すると、依然としてローカルのデフォルトプリンタが取得できない現象が発生しました。奇妙な事に、セッションを維持する設定にすると、セッションが保たれている状況では正しくローカルのデフォルトプリンタが取得できるのです。

 このバグが発生するシナリオは、以下のようなものでした。

   自分が書いた アプリケーション(COM Control) では、インスタンス生成時に、ページ設定ダイアログのインスタンスを生成しています。このダイアログ生成時に、デフォルトプリンタの取得も行われていました。

  1. Remote App 開始
  2. Remote Destop Session 開始
  3. ページ設定ダイアログ生成
  4. デフォルトプリンタ取得(call GetDefaultPrinter)
  5. この時点では Remote Desktop Session 内にローカルプリンタの情報が揃っていません。
  6. Remote Server 内のデフォルトプリンタが返される。
  7. Remote Desktop Session がローカルプリンタの情報を取得
ですので、Remote Desktop Session が既に接続済みな状態で Remote App を開始すると、GetDefaultPrinter はローカルプリンタのデフォルトプリンタを返すのです。

 対処法としては、自分が書いたアプリケーションにおいて、ページ設定ダイアログの生成を使われる直前まで先延ばしする事でした。

疑似コードは、以下のような感じです。
  CCustomPageSetupDialog* getPrintDialog() {
    if( NULL == print_dialog_ ) {
       print_dialog_ = new CCustomPageSetupDialog( this, ... );
    }
    return print_dialog_;
  }

2017年2月15日水曜日

plpgsql 全角半角変換

そういえば、こういうの書いたなーと思って… PostgreSQL で、全角と半角の変換を行うストアドプロシジャです。
CREATE FUNCTION kanahan2zen(strhan text) RETURNS text
    AS $_$DECLARE
strHan ALIAS FOR $1;
str TEXT;
i integer;

-- 通常カナ(半角2バイト)
--tZen2 VARCHAR[] := ARRAY[ "ガ" ];
tZen2 VARCHAR[] := ARRAY['ガ', 'ギ', 'グ', 'ゲ', 'ゴ', 'ザ', 'ジ', 'ズ', 'ゼ', 'ゾ', 'ダ', 'ヂ', 'ヅ', 'デ', 'ド', 'バ', 'ビ', 'ブ', 'ベ', 'ボ', 'パ', 'ピ', 'プ', 'ペ', 'ポ', 'ヴ'];
--tHan2 VARCHAR[] := ARRAY[ "ガ" ];
tHan2 VARCHAR[] := ARRAY['ガ', 'ギ', 'グ', 'ゲ', 'ゴ', 'ザ', 'ジ', 'ズ', 'ゼ', 'ゾ', 'ダ', 'ヂ', 'ヅ', 'デ', 'ド', 'バ', 'ビ', 'ブ', 'ベ', 'ボ', 'パ', 'ピ', 'プ', 'ペ', 'ポ', 'ヴ'];

BEGIN

str := strHan;
-- 半角2バイトの変換
for i in 1..26 loop
str := replace(str, tHan2[i], tZen2[i]);
end loop;

-- 半角1バイトの変換
str := translate(upper(str)
, 'アイウエオカキクケコサシスセソタチツテトナニヌネノハヒフヘホマミムメモヤユヨラリルレロワヲンァィゥェォッャュョワイエカケー、。・」「゙ ,<.>/?_}]*:+;{[~@|\`^=-)(&%$#""!'
, 'アイウエオカキクケコサシスセソタチツテトナニヌネノハヒフヘホマミムメモヤユヨラリルレロワヲンァィゥェォッャュョヮヰヱヵヶー、。・」「゛ ,<.>/?_}]*:+;{[ ̄@|¥`^=-)(&%$#”!');

return str;

END;
$_$
    LANGUAGE plpgsql;




--
-- TOC entry 26 (class 1255 OID 18986)
-- Dependencies: 5 590
-- Name: kanazen2han(text); Type: FUNCTION; Schema: public; Owner: postgres
--

CREATE FUNCTION kanazen2han(strzen text) RETURNS text
    AS $_$DECLARE
strZen ALIAS FOR $1;
str TEXT;
i integer;

-- 通常カナ(半角2バイト)
--tZen2 VARCHAR[] := ARRAY[ "ガ" ];
tZen2 VARCHAR[] := ARRAY['ガ', 'ギ', 'グ', 'ゲ', 'ゴ', 'ザ', 'ジ', 'ズ', 'ゼ', 'ゾ', 'ダ', 'ヂ', 'ヅ', 'デ', 'ド', 'バ', 'ビ', 'ブ', 'ベ', 'ボ', 'パ', 'ピ', 'プ', 'ペ', 'ポ', 'ヴ'];
--tHan2 VARCHAR[] := ARRAY[ "ガ" ];
tHan2 VARCHAR[] := ARRAY['ガ', 'ギ', 'グ', 'ゲ', 'ゴ', 'ザ', 'ジ', 'ズ', 'ゼ', 'ゾ', 'ダ', 'ヂ', 'ヅ', 'デ', 'ド', 'バ', 'ビ', 'ブ', 'ベ', 'ボ', 'パ', 'ピ', 'プ', 'ペ', 'ポ', 'ヴ'];

BEGIN

str := strZen;
-- 半角2バイトの変換
for i in 1..26 loop
str := replace(str, tZen2[i], tHan2[i]);
end loop;

-- 半角1バイトの変換
str := translate(upper(str)
, 'アイウエオカキクケコサシスセソタチツテトナニヌネノハヒフヘホマミムメモヤユヨラリルレロワヲンァィゥェォッャュョヮヰヱヵヶー、。・」「゛ ,<.>/?_}]*:+;{[ ̄@|¥`^=-)(&%$#”!'
, 'アイウエオカキクケコサシスセソタチツテトナニヌネノハヒフヘホマミムメモヤユヨラリルレロワヲンァィゥェォッャュョワイエカケー、。・」「゙ ,<.>/?_}]*:+;{[~@|\`^=-)(&%$#""!');

return str;

END;
$_$
    LANGUAGE plpgsql;

2017年1月19日木曜日

VisualStudio C++共通設定 備忘録

Visual Studio 2010ぐらいになってから、include ディレクトリとか、libディレクトリをプロジェクト毎に設定しろなんて、ひどい状況になったので、それの対処法

C:/Users/[Your account]/AppData/Local/Microsoft/MSBuild/v4.0/

という場所に Microsoft.Cpp.Win32.user.props というXMLファイルがある。
そこに、include と lib の設定を書いておく。
こんな感じ
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?> 
<Project DefaultTargets="Build" ToolsVersion="4.0" xmlns="http://schemas.microsoft.com/developer/msbuild/2003">
  <PropertyGroup>
    <UsrLib>D:\Libs\</UsrLib>
    <IncludePath>$(VCInstallDir)include;$(VCInstallDir)atlmfc\include;$(WindowsSDK_IncludePath);$(WindowsSdkDir)include;$(UsrLib)cstdint;$(UsrLib)opencv3.0\include;$(UsrLib)boost\include\boost-1_60;$(UsrLib)zlib\include;$(UsrLib)openssl\include</IncludePath>
    <LibraryPath>$(VCInstallDir)lib;$(VCInstallDir)atlmfc\lib;$(WindowsSDK_LibraryPath_x86);$(WindowsSdkDir)lib;$(UsrLib)opencv3.0\lib\Release;$(UsrLib)Boost\lib;$(UsrLib)zlib\lib;$(UsrLib)lib</LibraryPath>
  </PropertyGroup>

</Project>

2016年12月15日木曜日

tile splash

はじめに

ウェブ上で地図の配信を行う手法は、タイルに分割された地図画像をajaxにより書き換える方法と、ベクトルデータを全部・あるいは部分的に読み込む手法が主でした。近年、ベクトルデータをタイル分割し、ajax により書き換える方法が登場しました。それが VectorTileです。
 このVectorTileの配信を行うオープンソースのモジュールのうちのひとつがTileSplashです。TileSplash は node.js という javascript によるWebサーバのエンジン用ライブラリとして書かれています。プロジェクトは、GitHubで下記にて公開されています。

 https://github.com/faradayio/tilesplash

実行に必要なもの

TileSplash を実行させるには、以下のモジュールが必要です。 node.js npm PostgreSQL server PostGIS インストール方法については、割愛します。

TileSplash 環境の構築

コマンド・プロンプトにて、npm を利用して SplashTile をインストールします。
$ npm install tilesplash
尚、-g オプションを使用すると、グローバル環境にモジュールがインストールされますが、ここでは、コマンドを実行したディレクトリ上にモジュールがインストールされるようにします。
 PostgreSQL Server に図形テーブルを構築します。注意点として、図形の座標系は、EPSG4326 でないと動作しません。また、ST_Transform(geom,4326) と言った書き方をしてもエラーになるので注意してください。既存のgeometryフィールドが異なるSRIDで作成している場合は、以下のようにフィールドを追加すると良いでしょう。
 alter table target_table add column geom2 geometry(‘MultiPolygon’, 4326);
    update table target_table set geom2 = ST_Transform(geom,4326); 
エディタで、sptile.js を作成し編集します。
var Tilesplash = require('tilesplash');
// username に postgresql へ接続するユーザ名を指定
// localhost にpostgresql server ホスト名を指定
// dbname に postgresql のデータベース名を指定
var app = new Tilesplash('postgres://username@localhost/dbname);

// layer_name はレイヤ名で、ajax によるリクエストの一部として扱われる
// table_name は図形テーブル名
// geom は図形フィールド名
// ここではシンプリファイをかけていますが、tile パラメータの x 値により
// シンプリファイをかけるパラメータを変更する必要があると思われます
app.layer('layer_name', function(tile, render){
  render('SELECT ST_AsGeoJSON(ST_Simplify(geom,0.005)) as the_geom_geojson’
     ‘FROM target_table WHERE ST_Intersects(St_Simplify(geom,0.005), !bbox_4326!)');
});
// ポート3000にて、Webサーバを起動します
app.server.listen(3000);
このまま稼働させると、レスポンスが javascript になるため、違うサイト間でのリクエストで CORS(Cross Origin Resource Sharing)の制約にひっかかって動作しない可能性があります。具体的には「No 'Access-Control-Allow-Origin' header is present」といったエラーがブラウザにより返されます。これを解消するには、以下のモジュールを利用します。
http://www.slideshare.net/kitfactory/web-api-34814937
$npm install corser

でモジュールをインストールし、
node_mojules/tilesplash/lib/index.js
ファイルに以下の修正を施します。
  this.server.use(pgMiddleware(dbOptions));

  var corser = require("corser");      // 以下の2行を CORS 対策として挿入
  this.server.use(corser.create());

  this.cacheOptions = cacheOptions || {};
  this._cache = new Caching(cacheType || 'memory', cacheOptions);
これは、レスポンス・ヘッダに
  Access-Control-Allow-Origin: *

を付加する事になります。

クライアント実装例

ローカルホストの node サーバに対して、アクセスする例です。
<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>GSI Tiles on OpenLayers 3</title>
<link rel="stylesheet" href="http://openlayers.org/en/v3.10.1/css/ol.css" type="text/css">
<link rel="stylesheet" href="http://maxcdn.bootstrapcdn.com/bootstrap/3.2.0/css/bootstrap.min.css">
<script src="http://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.11.1/jquery.min.js"></script>
<script src="http://maxcdn.bootstrapcdn.com/bootstrap/3.2.0/js/bootstrap.min.js"></script>
<script src="http://openlayers.org/en/v3.10.1/build/ol.js" type="text/javascript"></script>


<style>
  body {padding: 0; margin: 0}
  html, body, #map {height: 100%; width: 100%;}
</style>
</head>
<body>
  <div id="page">
    <div id="head"></div>
    <div id="main">  
      <div id="map" style="float:right"; width:640px; margin:0; padding:0; ></div>
      <div id="left" style="float:left; width:300px; margin:0; padding:0;"></div>
    </div>
  </div>       
<script>
var map = new ol.Map({
  target: "map",
  renderer: ['canvas', 'dom'],
  layers: [
    // 地理院タイル・レイヤ
    new ol.layer.Tile({
      source: new ol.source.XYZ({
        attributions: [
          new ol.Attribution({
            html: "<a href='http://maps.gsi.go.jp/development/ichiran.html' target='_blank'>地理院タイル</a>"
          })
        ],
        url: "http://cyberjapandata.gsi.go.jp/xyz/std/{z}/{x}/{y}.png",
        projection: "EPSG:3857"
      })
    }),
    
    // topoJson レイヤ (splashtile から引く)
    new ol.layer.Vector({
      source: new ol.source.TileVector({
        format: new ol.format.TopoJSON(),
        projection: 'EPSG:3857',
        tileGrid: new ol.tilegrid.createXYZ({
          maxZoom: 19
        }),
        url: 'http://localhost:3000/' +
          'test_layer/{z}/{x}/{y}.topojson'
        }),
       style: new ol.style.Style({
         fill: new ol.style.Fill({ color: '#9db9e8' }),
         stroke: new ol.style.Stroke({ color: '#FF0000' })
       })
    })
  ],
  controls: ol.control.defaults({
    attributionOptions: ({
      collapsible: false
    })
  }),
  view: new ol.View({
    projection: "EPSG:3857",
    center: ol.proj.transform([138.7313889, 35.3622222], "EPSG:4326", "EPSG:3857"),
    maxZoom: 18,
    zoom: 5
    })
});
</script>
</body>
</html>
実行すると、こんな感じになります。 file:/// 上から実行すると、CORSにひっかかります。chrome ではなく、safari で実行しました。 CORS対策の部分は、もうちょい真面目にやらないとダメかもしれません。

2016年8月24日水曜日

digest 作成備忘録

OpenSSL の SHA-256 を利用してダイジェスト文字列を作る備忘録です。
英数字を小文字にするのどうやるんだっけ?ってあたりから、激しくドレインしてます。
#include <fstream>
#include <iostream>
#include <iterator>
#include <algorithm> // transform
#include <string>
#include <openssl/rsa.h>
#include <openssl/sha.h>
#include <boost/algorithm/hex.hpp>
#include <boost/algorithm/string/case_conv.hpp>

namespace {
  const char heading[] = "heading";
}


void show_usage() {
  std::cout << "make_digest [string]" << std::endl;
}

std::string digest( const char* str ) {
  unsigned char hash[SHA256_DIGEST_LENGTH];
  SHA256_CTX ctx;
  SHA256_Init(&ctx);
  SHA256_Update(&ctx, str, strlen(str));
  SHA256_Final(hash, &ctx);
  std::string result( (const char*)hash, SHA256_DIGEST_LENGTH );
  return result;

}

int main(int argc, char* argv[]) {

 if( argc != 2 ) {
  show_usage();
  return 1;
 }
 std::string charange( heading );
 charange += std::string( argv[1] );
 std::string hoge = digest( charange.c_str() );
 std::string digest;
 boost::algorithm::hex( hoge, std::back_inserter( digest ) );
 boost::algorithm::to_lower( digest );
 //std::transform( digest.begin(), digest.end(), digest.begin(), ::tolower );
 std::cout << digest << std::endl;

  return 0;
}

2016年8月13日土曜日

70-200レンズ

 Sigma 70 - 200 mm F2.8 を売ろうかと考えてます。
というのも、室蘭の夜景でブレないで撮れた試しもなく。マニュアルフォーカスしても、微妙にピントがズレる事も多く。オートフォーカスは遅くて、おまけにシャッターが下りなくてシャッターチャンスは無いに等しい。Merrill で撮影しても、撮れるシーンなんて、ほぼ限られる。このレンズで撮影して、やった!って思った写真は、考えてみても、ほぼゼロ。倍率も中途半端で、イマイチ。
 あと、予定外の出費が嵩んだのもあります。

2泊3日の弾丸キャンプ

 家族で2泊3日の東北に行ってきました。午前3時起床、午前4時出発、高速飛ばして函館北斗へ。そして新幹線に乗って盛岡まで。本当は新青森の予定だったのですが、日産レンタカーが予約を受付しておいて、車ありませんでした攻撃を食らったため変更でした。直前までレンタカーを探しまくっても見つからず。探しても探しても空車無し。タイムズレンタカーの厨川駅でやっとこさ予約。
 昼に盛楼閣で飯を食って、イザ恐山へ。いやーーーーー遠いですわ。ハードスケジュールに意識が飛びそうになりながら、矢立温泉でバンガローを借りる。朝活する体力もなく朝を迎えて、恐山へ。そして、十和田市現代美術館に。車返す事を考えたら、盛岡近辺でキャンプしないと…でも、星が綺麗なキャンプ場が良いな?と思って、種山高原星座の森へ向かうも、時間切れで八幡平から妻の神キャンプ場へ。本当は白神山地も寄りたかったんですが、時間的に全然無理でした。そして運転もハード。
 あんまり星が綺麗に見えなかったけど、流星群が凄くて、火球とかに大満足。ここではタイムラプスを撮って放置したけど、バッテリー切れで撮れてるのか撮れてないのか、さっぱりわかりません。11時ぐらいに早々に寝て、翌朝少しだけ朝活。と言っても、どこで撮影したものか?全然わかりません。ここら辺、意外に開けて見える場所が少ないのだ。
 そして、帰りの新幹線もあるのでレンタカー屋さんへ。電車に乗り遅れたら大変なので、レンタカー屋さんからダッシュ!滑り込みセーフで、あたふたしながら盛岡で焼き肉を食べて、新幹線&函館北斗から車だったのだ。
 写真は無い。