2019年10月20日日曜日

mac が catalina になったら、色々と終わってた

catalina になったら、動作しないアプリが山のようにあったので、整理した。
ショックだったのは、ScanSnap Manager が動かない事。
富士通のサポート情報によると S1500M は Catalina に対応しませんとの事。\(^o^)/オワタ
それと同時に Adobe Acrobat Pro も\(^o^)/オワタ

やっべー、ディスプレイのカラーマネジメントのソフト ColorMunki Photo も動かないじゃないか!!!と思ってると、ColorMunki Display | MacRumor に情報がポストされてた。

 それによると、ここのソフトをダウンロードして実行し、古い ColorMunki をアンインストールする。次に i1Studio で継続してサポートされるようになったので、こちらのソフトをインストールすべし!との事

 やってみたら、接続エラー1020 でダメだったのに、1日経ってやり直したら、測定できました。※接続エラーになる場合 i1Studioを強制終了させてから実行すると良いです。

 


2019年10月11日金曜日

geotiff の変換あれこれ忘備録

ウィンドウズのバッチでまとめて見ました。
Windows 10 がコマンドプロンプトの utf-8 に対応したため、chcp 65001 をしてコマンドを実行した方が、トラブルが少ないです。

geotiff ファイルから png ファイルに変換する(goetiff to png)

if "%1"=="" goto err
chcp 65001
GDAL_TRANSLATE -OF PNG -B 1 -B 2 -B 3 %1.tif %1.png
goto end
:err
echo param1 [basefilename]
:end


geotiff を分割する(divide geotiff)

if "%1"=="" goto err
chcp 65001
echo divide geotiff 5000x5000
mkdir %1
call gdal_retile -ps 5000 5000 -targetDir %1 %1.tif
:err
echo param1 [basefilename]
:end


png の色を変換する

if "%1"=="" goto err
chcp 65001
convert %1.png -fill "#FEFEFE" -opaque "#FFFFFF" %1_.png
convert %1_.png -fill "#010101" -opaque "#000000" %1_dst.png
:err
echo param1 [basefilename]
:end


png を分割する(divide png)

if "%1"=="" goto err
chcp 65001
echo divide png 5000x5000
convert %1.png -crop 5000x5000 +repage +adjoin %1\%1_%%02d.png
:err
echo param1 [basefilename]
:end


World Fileを出力する(export world file(*.tfw) from geotiff)

if "%1"=="" goto err
chcp 65001
for %%s in (*.tif) do listgeo -tfw %%s
:err
echo param1 [basefilename]
:end

2019年10月9日水曜日

sqlcipher 対応のWindows x64版 sqlite3.dll をビルドした忘備録

前回の忘備録から3年

x64 版の sqlcipher 対応 dll をビルドしてくださいと言われて、気分はもにょーん。

sqlcipher-4.2.0 をダウンロードしてきて、ActiveTcl の32bit版、バージョン古い方を入れて
C:\Work\sqlcipher-4.2.0> nmake -f makefile.msc SQLITE_HAS_CODEC=1 USE_CRT_DLL=1 PLATFORM=x64
ってやったら、
sqlite3.c(30924): error C2061: 構文エラー: 識別子 'CRITICAL_SECTION'
sqlite3.c(30931): error C2059: 構文エラー: '}'
sqlite3.c(30986): error C2079: 'winMutex_staticMutexes' が 未定義の struct 'sqlite3_mutex' で使用しています。
sqlite3.c(30999): fatal error C1903: 直前のエラーを修復できません。コンパイルを中止します。
となって、ビルドできない。
Makefile.msc を追っていくと、ライブラリのパスが間違ってる、リンクオプションがメタメタ、その他諸々設定が反映されず、とにかくビルドできるような状況にもっていくのが大変そうだった。

そこで、nmake して生成された sqlite3.c sqlite3.h sqlite3ext.h sqlite3session.h から DLL をビルドした方が簡単な気がして試してみた。

空のDLLプロジェクトを作成

そして、sqlite3.c sqlite3.h sqlite3ext.h sqlite3session.h をプロジェクトに追加する。
プリプロセッサの定義として
SQLITE_API=__declspec(dllexport)
SQLITE_HAS_CODEC=1
を追加すればOKだ。 vcpkg を導入済みであれば、openssl もあっけなくリンクされてくる。
x64 は、stdcall 形式がなく cdecl 形式で、以下のようにエクスポートされている。

2019年10月8日火曜日

android ndk clang に変わってから、まじめに再構築してみた備忘録

Android ndk を 20.0 にして今まで動作してたコードをコンパイルしてたんですわ。
その時に、躓いた事を記録と…。

当時は APP_STL : stlport_shared と gnustl_static の2種類で、stlport にあるけど、gnustl にない。gnustl にあるけど、stlport にない。両方欲しいのだが詰んだwとか、苦労してましてん。そしたら、c++_shared と c++_static に変更されてました。
ビルドする時に、__atomic_inc とか使ってたんですけど、時代は std::atomic に変わってました。
いざ実行しようとすると、libc++_shared.so が無いとか言って、怒られる。
こいつ、どこにあんねん!(#^ω^)と怒ってたら、ドキュメントに記載されてました。

注: libc++ はシステム ライブラリではありません。libc++_shared.so を使用する場合は、APK 内に含める必要があります。Gradle を使用してアプリをビルドしている場合、この処理は自動的に行われます。

という訳で、ndk の sources/cxx_stl/llvm-libc++/libs/ 下からファイルを引っ張ってきて、apk にバンドルするようにしたら動作するようになりました。

だいたい動くようになったんですが、libtiff の部分で SIGSEGV 起こりまくり。きっと gcc から clang に変更されたので integer 系のサイズが変わったとかなんでしょう。stdint.h とかでカッチリとサイズ指定の integer 宣言してくれていればいいのですが…。
ブログを書いててよかったのは、サイズの違いでSIGSEGVと、苦しんでたんでのを思い出せた事でしょうか。

あわよくば、ndkもメンテできる体制に戻そうと思ったんですが、もうちょいかかりそうです。

2019年9月25日水曜日

遅まきながら Android の permission コードの実装をした。

 レガシーシステムの保守もあるので、なかなかAndroidの新しいpermissionの方法に移行できないでいました。
とあるアプリが、きっかけで、ようやく permission コードを実装する機会を得ました。

参考にしたのは、実行時のパーミッション リクエスト(Runtime Permission) 色々まとめ

たくさん権限が必要な場合、煩わしいので、こんなコードにしました。
import android.Manifest;
import android.content.pm.PackageManager;
import android.support.v4.app.ActivityCompat;
import android.support.v4.content.ContextCompat;
import android.support.v7.app.AppCompatActivity;
import android.content.Intent;
import android.os.Bundle;
import android.view.View;
import android.widget.LinearLayout;
import android.widget.TextView;
import android.widget.Toast;

import java.util.ArrayList;

public class FooActivity extends AppCompatActivity {

    public static final int REQUEST_CODE = 1001;
    private static final String [] needPermissions = new String[] {
            Manifest.permission.READ_PHONE_STATE,
            Manifest.permission.WRITE_EXTERNAL_STORAGE,
            Manifest.permission.ACCESS_FINE_LOCATION,
            Manifest.permission.CAMERA,
            Manifest.permission.INTERNET
    };

    /*!
      @brief 許可の得られていない権限を取得する
     */
    ArrayList getNeededPermissions() {
        ArrayList<String> result = new ArrayList<String>();
        for( String s: needPermissions ) {
            if (ContextCompat.checkSelfPermission(this, s) != PackageManager.PERMISSION_GRANTED) {
                result.add(s);
            }
        }
        return result;
    }

    @Override
    protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_foo);
        ArrayList<String> permissions = getNeededPermissions();
        if( permissions.size() > 0) {
            // パーミッションの許可をリクエスト
            ActivityCompat.requestPermissions(this, permissions.toArray(new String[permissions.size()]), REQUEST_CODE);
        } else {
            // 許可が必要なコード
            processAny();
        }
    }

    // requestPermissionsのコールバック
    @Override
    public void onRequestPermissionsResult(int requestCode, String permissions[], int[] grantResults) {
        switch (requestCode) {
            case REQUEST_CODE:
                ArrayList<String> needed = getNeededPermissions();
                if( needed.size() > 0 ) {
                    // 必要な権限の許可が足りない
                    Toast.makeText(this, "本アプリを実行するための権限の許可が取れませんでした", Toast.LENGTH_LONG).show();
                    finish();
                } else {
                    // 必要な権限の許可がされた
                    processAny();
                }
                break;
            default:
                break;
        }
    }

    private void processAny() {
      // ...
    }
    
    // ...

}

2019年9月19日木曜日

boost::posix_time::ptime 無効かどうかチェックする is_not_a_date

日付に有効な値がセットされているかどうか、チェックする。
#include <boost/date_time/posix_time/posix_time.hpp>
#include <iostream>

int main() {
  boost::posix_time::ptime pt;
  
  if( !pt.date().is_not_a_date() ) {
    std::cout << "TRUE" << std::endl;
  } else {
    std::cout << "FALSE" << std::endl;
  }
  std::cout << pt << std::endl;
  
  return 0;
}

2019年9月9日月曜日

Chromeがコネクション・タイムアウトする

Chrome が CONNECTION TIMEOUT で、ウェブに繋がらない現象が頻発する。
原因を探っていくと、"Cryptography Services" というサービスが、何かの拍子に悪さをするようだ。このサービスを再起動させれば、CONNECTION TIMEOUT が解消されるというので、やってみたら、解消された。

 CONNECTION TIMEOUT する毎にサービスの画面を出して、"Cryptography Services"を再起動させていたのだが、この現象が頻発するのでタスクスケジューラで自動実行させるようにした。


まずは、restart_crypto.bat を作成します。
net stop "Cryptographic Services"
net start "Cryptographic Services"
次に、restart_crypto.vbs を作成します。
set wsObject = CreateObject("Wscript.Shell")
wsObject.run "cmd /c restart_crypt.bat", vhide
そして、タスクスケジューラに登録します。
ブラウジングは、ログオンしている時なので、ログオン時、かつ、サービスを再起動させるので管理者権限が必要です。
ログオン時から、10分毎に実行させます。
wscript.exe から、restart_crypto.vbs を実行させます。

これで、だいぶ楽になりました。